今回から、自分が乗務を始めてから

 

経験したこと

 

などを書いていこうと思います。

 

養成課になるまで3年半、様々な出来事があったので思い出せるだけ記してみます!(笑)

 

 

担当車が新車に

 

2016年7月にデビューして1年後、積算走行距離70万km超えていた担当車のコンフォートから、

新車のスーパーデラックスへとチェンジし、Eキャブ車(チェッカーにおけるグレードの高い黒い車両)になるまで走っていました。

コンフォートは最低限の機能しか付いておらず、手動のフェンダーミラー助手席と後部座席右側の懐かしい手動の窓

ラジオはAMしか聞けないなど少し不便な点があります…(笑)そのコンフォートと比べるとやはり高級仕様なので、

乗り心地や加速、運転席周り、お客様の乗降のためのドアの開閉も使いやすいものになっていました。

ただ、コンフォートと共に生産は終了して、JPNタクシーが主流になりつつあるうえに、

チェッカーのオレンジカラーの車両が無くなってきているので数年経って街中で見かければレアかも…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての事故

忘れもしません、デビューして2ヶ月くらい経ったある日。

浅草から池袋までお客様を乗せていました。ある程度は幹線道路のルートでしたがやはりそこは新人なので、

慎重に道を確認しながら進んでいきました。そして、池袋駅直前の六ツ又陸橋の側道の信号で起きました。

「池袋駅前はあちらでよろしいですか?」と振り向きながらお客様に尋ねました。

 

振り向く前は、信号は青から黄色になる寸前くらいのタイミングで、確認をして前を見ると信号は完全に黄色でした。

前を走っていた原付の音はまだしていたので、原付は信号を渡って行くと思い行ってしまおうと思ったのが間違いでした。

原付は信号で止まっていて、ブレーキが間に合わず時速20kmくらいで追突してしまいました。

 

免許を取って初めての事故。まず車を寄せてお客様に怪我がないかの確認、大丈夫そうだったので降りていただきました。

追突された相手は男性で、男性が先に警察に電話をしてくださったので、こちらは会社に電話。

 

当然のことながらこちらが悪いのでひたすらに謝罪をしました。

 

後日この事故は物損事故になり免許の点数に響くことはありませんでしたが、お客様をお乗している中での事故は、

お客様事故に遭われた相手周りの交通の妨げ自分の会社などに迷惑を被るので本当に気を付けねばと改めて思いました。

この1件以来、申し訳ないと思いながらも、走行中に道を確認する時前を見ながら聞くように、

さらに、ミラーで常に周りにどんな車両がいるのかを把握するように心掛けるようになりました。

最後の写真は、損傷した箇所を直してもらった直後の写真です。整備の皆様、その節は本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接触事故?

 

朝、いつものようにお客様を乗せて走っていて、残り100mくらいで信号に引っ掛かりました。

3車線のうち私は真ん中の車線、前には車が2台、左側の車線にはトラックが停めてあって車線を塞いでいる状態。

トラックと自分の車両の間は、普通の乗用車”は”通れるくらいのスペースがありました。

が……

信号待ちをしているにも関わらず、停めてあるトラックと自分たちの車列の間をバスが通り抜けようとしていました。

まあ車線変更するくらいで止まるだろう、なんて考えていましたがバスはだんだん近づいてきます。

 

これは通れないだろう…

と、思った矢先に!

 

バスの右側と、自分の車両のリアバンパーが接触しました。他では聞くことのない車同士の接触の音。

お客様とも、今軽く当たりましたよね!?なんて会話をしてましたが、私は少し焦っていました。

お客様が乗車中、すぐ警察を呼ぶか、しかし目的地はすぐそこ、接触の程度は軽い、バスの運転手は気付いていない様子…

などなどいろいろ考えていたらお客様から、

 

「ぶつかった時間と場所と、バスのナンバーは控えた方がいいよ!」

 

とのお言葉。

慌ててメモしましたが、バスは接触に気付かなかったのか、そのまま通過して行ってしまいました。

目的地までお送りした後、警察に電話をし、接触した場所まで戻り状況を説明したりしていましたが、

警察の方曰く、バスの運転手は気付かなかったのではないか、と。

この一件で仕事の時間と気力がだいぶ減ってしまいました…笑

下手な絵で状況を書いてみました。

その下の写真は、微かに残ってるバスの車体の塗装の色。その後、バスの運転手がどうなったかは分かりません…。

 

 

 

 


 

思い出せる範囲で印象に残った出来事を挙げてみました。何か参考になることはありましたか?笑

 

次回からは、タクシーの醍醐味でもある遠距離のお客様について!

千葉・埼玉・神奈川の遠距離のお客様についてをそれぞれの県に分けて書いていきたいと思います!

さて、各県の遠距離はどこまで行くのでしょうか…?乞うご期待です!笑

 


 

タクシードライバーの求人・お問い合わせはこちらまで!!

 

https://sanwataxi.co.jp/recruit/

 

採用フリーダイヤル 〖 0120-77-5312 〗